スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

サムレス両手投げボウリング。

今年の1月頃からフォーム矯正を行っています。
目的として、

①リリースの再現性を高める
②投球速度を上げる
③体への負担を軽減する

主に、上記の3項目を意識しながら練習をしています。
以前は、バックスイングで肘を曲げボールを抱え込むようにした後、リリースの段階で肘を伸ばす、と言う具合の動作でした。
が、どうしても肘が伸びるタイミングが遅くなり、結果として肘でボールをリリースしてしまい速度が出難い状況になっていました。



また、元々ボディバランスは良い方ではなく柔軟性にもかなり欠けている事から、安定した投球を続ける事が難しかったのも理由です。



高い位置から重いボールをリリースするには強い下半身が必要ですが、私のように線の細い日本人が無理に真似しようと思っても体を痛めるだけです。
ですのでトレーニングは必須なのですが、それ以外にも工夫が必要になる訳です。
で、センターのプロに指摘され実践したのが、最初から肘を伸ばしたままリリースする方法です。
こうする事で、余計な動作や下半身への負担が軽減されリリースが安定します。
更に、タイミングが取り易くなるのでボールスピードも上がると言う訳です。



大きく分類すると、両手投げには2種類あるかと思います。
肘を曲げるタイプと曲げないタイプ。





どちらも非常に強いボールを投げる選手です。
理想としては、Jason Belmonte選手のように肘を曲げて伸ばすタイプに近付きたいですが、それには強靭な肉体が要求されます。
まずはコツコツとフィジカルトレーニングを積み重ねつつ、練習に励みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2011-04-25 : ボウリング : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

両手投げの検索でやってきました
私も両手投げボウラーです。

俗に言われる「ベルモ投げ」「オスク投げ」
両方のスタイルで投げられるようになりまし
た。

バックスイングトップを高く取るなら肘を
たたんだ方がいいですね。
でもそれは上体がさらにオープンになるの
でスイングラインがぶれるというリスクも
あります。

あ…それなりの筋力は必要ですが、どちら
かと言うとタイミングとインパクトが重要
ですかね?
片手投げのハイレブボウラーが力で高回転
を生み出している訳じゃないのと同じ理由
です。

お互い頑張りましょう。
2011-08-11 23:38 : がとやん URL : 編集
Re: 両手投げの検索でやってきました
> がとやんさん

コメント有難う御座います!

> 俗に言われる「ベルモ投げ」「オスク投げ」両方のスタイルで投げられるようになりました。
当方も、始めは「ベルモ投げ」を目指しましたが、球速を上げる&リリースのブレを軽減する為に今のスタイルに落ち着いています。

> かと言うとタイミングとインパクトが重要ですかね?
おっしゃる通り、力ではなくタイミングだと思います。
特にステップワークと左手の使い方等が大切と考えています。

がとやんさんはどの辺りで投げられていますか?
投球動画等があったら是非見てみたいですね。

内容薄なブログですが…今後ともお付き合い頂けたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。
2011-08-16 20:13 : N.A.G URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-03-01 20:21 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。