スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

木曜リーグの結果。

4/22(木)20:30~
【HyperLane】
・大会名:第六回ハイパーシングルスリーグ
・ルール:3G個人戦/アメリカン方式


1G…161
2G…151
3G…145


・トータル…450
・アベレージ…150


◆使用ボール:SX1、SureLine




仕事が長引いてしまい、リーグスタートぎりぎりにセンター到着。
せっせと準備をし、何とか滑り込みで練習投球するもポケットコースは掴めず。
試しに投げたアウトサイド3~5枚目のラインでジャストが入ったのでそこを攻める事に。
1G目はダブルスタートと好調も、スペアミスの繰り返しとストライクが続かずで尻すぼみな展開に。
バックエンドでの動きをイメージしたラインで、ボールを手前から転がす事が出来れば薄めでもストライクになるコースでした。
ただ、ややロフト気味に投げてしまうと、ボールが奥まで流れてしまいノーヘッド。
2G目も波に乗れず、ターキー後の10フレームにオープンとスコアを伸ばせず…。
アウトサイドラインを投球する時にガーターを意識してしまい、やや内ミス気味になりました。
内側から奥までオイルがしっかり入っており、比較的好きなコンディションだったのに残念な結果になりました。
新たな発見として、手に適度な湿りがある場合には、気持ち良くフィンガーにボールが乗った事。
両手投げの場合、ボールを支える左手の状態も重要な要素になります。
オイルでベタついた状態ですと、ボールが手から滑って落ちる傾向にあるからです。
投球前には、ボールに付着したオイルをタオル等でしっかり除去する事が大切です。
今後は、ボールと手とのグリップ具合を常にベストな状態に調整出来るように工夫したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-28 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

P★LEAGUE 第25戦 Bグループ

25B(1)




25B(2)




25B(3)

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-20 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

週末の大会結果。

少し前から行き始めたセンターです。
ホームがモーニングサービスを始めた影響で、朝から行列が出来る程の盛況ぶりに。
相当早起きして並ばないと練習出来ない状況になっています。
早起きは苦手なので、近場でサクッと練習出来る環境をと選んだ訳です。
ですが、通常料金がややお高い設定なので練習するにはちょっと…と言う事で、何となく大会に出始めました。


4/18(日)10:15~
【スポルト池袋】
・大会名:テンピントーナメント
・ルール:3G個人戦/アメリカン方式


1G…203
2G…134
3G…151


・トータル…488
・アベレージ…166


◆使用ボール:PhoenixNewBridβ、SureLine




手前も奥もオイルを感じられない、かなりショートオイルのドライコンディション。一番苦手なパターンです。
球速を上げて外にボールを出せるかがポイントなのですが、奥までボールを運べないと裏へ、内ミスをすると7番ピンの方向へ…!
センターまでは2ボールカートでの移動だったので、ボールの選択肢は無し。
走る系のボールを持って来れたら良かったのに…と後悔。
練習投球でもポケットコースにコントロールが定まらず、不安の残るままゲームスタートです。
スパッド18枚目通しで5枚目付近にフッキングポイントをおくラインで騙し騙しに投げると意外にもジャストポケット。
順調にターキー発進するも、4フレームのスペアミスからダラダラした流れに…。
2G以降も立て直す事が出来ず終了となりました。
そして、見事ブービー獲得です…。
反省点としては、悪いながらもスペアの取りこぼしをしない我慢のボウリングが出来なかった事です。
スペアボールでも曲がるコンディションなので、7、10番ピン残りのスペアが難しく感じました。
それと、最近はスペアミスからリズムを崩す傾向があるので、常に冷静さを保つメンタルも必要です。
しっかり投げ込んで次回に備えたいと思います。

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-19 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

P★LEAGUE 第25戦 Aグループ

25A(1)



25A(2)


25A(3)

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-17 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

木曜リーグの結果。

4/15(木)20:30~
【HyperLane】
・大会名:第6回ハイパーシングルスリーグ
・ルール:3G個人戦/アメリカン方式


1G…193
2G…174
3G…151


・トータル…518
・アベレージ…172


◆使用ボール:PhoenixNewBridβ、SureLine




今回、ボールはPhoenixを選択。
かなり投げ込んだボールですが、まだまだ使える現役。
あまり大きく曲げず、先での動きがやや欲しいコンディション時に使用してます。
同BOXのスタッフの方から、「手前のオイルが厚めで、前回(日曜)朝の大会と同じコンディション」とのご指摘を頂いたので、ややロフトさせて奥で動かすイメージで投げました。
ただ、失投で手前から転がしてしまった場合は、曲がり過ぎて真ん中にヒットでスプリットになります。
諸々を考慮し、スパッド15枚目通しで5枚目付近にフッキングポイントをおくラインで投球しました。
1Gはまずまずの立ち上がりながらもストライクが続かず。
ラッキーなブルックリンストライクに助けられながら、我慢のボウリングで迎えた10フレでうっかりスペアミス…。
2Gには、8フレームで2投ともガーターという酷過ぎるミス。
ラインは定まっていたものの、内ミスと外ミスを繰り返しスプリットを量産。
結局、3Gとも投球が安定しないまま終了しました。
結果的に、納得のいく投球が少なかったのは残念ですが、特にボールを外に出し切れなかった事が反省点です。
フッキングポイントに球速を上げて投球しようと力んでしまい、捻り戻しが早くなる事で生じる内ミスが多かったです。
速度を上げる為には、いかに力を抜いてタイミングを合わせて投球出来るか、を心掛ける冷静さが必要と感じました。
やはり練習不足です。

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-16 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

サムレス両手投げ。

Jason Belmonte


ジェイソン・ベルモンテ選手のパラパラ動画です。
「両手投げ」とは言っても、両手でボールを放っている訳ではなく、リリースの直前に片手で投球しています。
この動画から、添えてある左手がリリース直前で離れる様子がよく分かります。
特に注目したのは、リリース後にややヘッドアップしている点です。
僕が両手投げを始めた頃、球速がまったく上がらずに試行錯誤を繰り返してました。
そのうちに幾つかのポイントに気付きました。
一つに、「リリース直後のヘッドアップ」が有効と言う事。
バックスイングを高くとれない両手投げスタイルは、振り子の勢いを別の形で補う必要があるからです。
その為に、4歩目のパワーステップ、急ストップがあったりします。(5歩助走時)
リリース時、やや前傾姿勢で床に顔が近付く感覚をイメージするとヘッドアップ効果があると思います。
他にも、ボールを上へひっかき上げてロフト気味になりがちなリリースを、上ではなく「フィンガーで前に送り出す」リリースによって、更にボールスピードが上がりました。
とは言っても、まだ球速29km前後ですので、筋力強化が必要です。




【Jason Belmonte】
1983年7月29日生まれ。178cm88kg。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州オレンジ出身。
2004年アジアユース選手権で金メダル3個、FIQ世界ユース選手権でも2種を制し、世界最優秀選手賞を受賞。

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-14 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

週末の大会結果。

つい最近から行き始めた朝のトーナメント。
年齢層はやや高めながらも、皆さんパワフルな投球をされてます。
このセンターは、通常営業でもオイリーなレーンコンディションながら、ストライク幅がそこそこ広めの「癒しのハイスコアレーン」な印象です。
ただ、ここはホームでは無いので、事情によりボールの選択肢がSecond Dimensionのみになります。
近いうちに、色々なボールを試してみたいものです。
で、肝心の大会はと言うと…


4/10(土)9:30~
【C-BICサンプラザ】
・大会名:サタデーおはようトーナメント
・ルール:3Gトータル個人戦/アメリカン方式


1G…193
2G…237
3G…192


・トータル…622
・アベレージ…207


◆使用ボール:SecondDimension、SureLine




中にはしっかりオイルを感じられるレーンコンディション。
3~5枚目を球速を上げて投球すると、奥のドライゾーンで一気にボールが向きを変えポケットヒット。
10~15枚目のラインでオイルの中を通すと、入射角度があまくなり10ピンタップになる。
投げ易いコンディションだったにもかかわらず、終盤でのスペアミスで打ち上げられず…。
結果は7位でした。
ちなみに優勝者は690点台。
少し前までは、ブービーすれすれの結果ばかりでしたので、まずまず良かったのではないかと思います。






ここは今のホームです。
ロッカーを借りているので、ボールがゴロゴロと収納されています。
それが逆に、ボール選択を悩ませる原因にもなる訳ですが…。


4/11(日)9:00~
【HyperLane】
・大会名:ハイパーモーニング
・ルール:6Gトータル個人戦/アメリカン方式


1G…166
2G…149
3G…142
4G…155
5G…173
6G…127


・トータル…912
・アベレージ…152


◆使用ボール:PhoenixNewBridβ、SX1、PowerSwing、SureLine




大会は、奥5枚目付近にオイルが感じられるレーンコンディションで、外へ出し過ぎるとボールが戻らずノーヘッド。
スパッド15枚目通しで、8~10枚目にフッキングポイントおくやや狭いライン。
1~3GくらいはPhoenixで投球するも、何となく迷いが生じ、Phoenix→SX1→Phoenixとボールチェンジを繰り返す。
4Gには、PowerSwingでインサイドアウトを試みるも出し過ぎるとノーヘッド、出しきれないと裏へ…で撃沈。
同ボックスの方は、曲がりの抑えたポリッシュ系のボールで、狭いラインを使い手前から転がしポケットに集めてました。
終盤は、体も温まり関節の稼動域が広がる事によるミスが連発。
バックスイングが高くなったり、体の捻り戻しが早くなったりとタイミングがズレる。
両手投げで10ピンスペアミスが続いたので、サム入れリリースに変更もアプローチで突っ掛かり内ミス。
練習不足とメンタルの弱さを露呈しました。
結果は散々だった訳ですが、所々に新しい発見や修正点も見つかったので良しとします。
課題としては、アキュラシー(正確性)、コンシステンシー(安定性)がまだまだ足りません。
練習して出直すとします。

テーマ : ボウリング
ジャンル : スポーツ

2010-04-12 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

テスト

両手投げボウリング。
2010-04-08 : ボウリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。